運動嫌いで筋トレが苦手な30代女性にはカーブスがおすすめ!20代はまだ早いかも?の理由

雑記

こんにちは!

カーブスに通って1年以上
もうすぐ通算100回通う30代メンバー
いがぐり🌰くるみです。

カーブスはお年寄りの方向けというイメージがあるかと思いますが

実際に飛び込んでみて
さらに1年以上、約100回通ってみて感じたことをお伝えします!

スポンサーリンク

30代にカーブスがオススメの理由

忙しいなかでも気軽に通える

ショッピングモール内などの抜群の立地にあるカーブスは、なんと予約不要!

お仕事帰り、買い物のついでに寄れちゃいます。

汗がマシンにつかないよう、タンクトップやサンダルは禁止ですが、着替えも必須ではありません。

普段からカジュアルなパンツスタイルの方は、別にカーブスに行くつもりで出かけていなくても

あ、行こう。

と思った瞬間にトレーニングに挑戦できます。

筋トレは継続が大事ですが、楽しいと思えなくてなかなか続かない・・・

そういう方のやる気を逃さないカーブスの立地のよさと予約不要の利便性はこれ以上ないシステムなのです!

周りの目を気にしなくてよい

女性限定なので、トレーニング中にパンツがくいこんだり、ブラが外れたり・・・

そんなことがあっても異性の目を気にする必要がありません。

しかも、カーブスのメンバーは平均年齢が60代。

同い年の女性が多いと、もうちょっと身なりをちゃんとしないとな・・・なんて比べてしまいがちですが

親ぐらい年齢が離れた大先輩が主のスタジオでは、そんな邪念は浮かびません。

トレーニングに集中できる環境は、いるだけで脳のリセット、ストレス解消になりますよ!

同年齢のトレーナーと仲良くなれる

メンバー会員は60代~の高齢女性が多いですが、指導するトレーナーは20~40代!

私は同世代の方の働きっぷりを間近で見守っています。笑

髪型を変えたら「その髪色いいね!ブリーチしてるの?」なーんて友達みたいに話してくれるトレーナーさんも。

もちろん、トレーナーさんは空気を読むのがお上手で

あまり話しかけてほしくないな~

という日は察して対応してくださいますよ◎

そりゃ、顧客からの苦情ほど怖いものはないもんね。

私は専業主婦(ワンオペ子育て)時代、同世代の方との交流を求めてもうまくいかなくて病みかけたので、カーブスのトレーナーさんによる声かけにより救われた思いでいます・・・!

スポンサーリンク

30代でカーブスをオススメしない理由

おばさんに偏見がある人

ガツガツと押しの強い傲慢なおばさんが嫌い!という若者は多いと思います。

それゆえ、カーブスに対しても「イヤな人たちがたくさんいる場所」と毛嫌いしている方もいるかもしれません。

ですが、健康のために行動する心を持っている人は何歳でも美しいです。

最近はコロナウイルス感染症の拡大により、おしゃべりは控えるようになっています。

実際、私は1年以上通っていてメンバーさんには数回程度しか話しかけられていません。(私、割と話しかけられやすいタイプなんですけどね笑)

おばさんって、バカじゃないんです。

20代はまだ早いかも

60代~おばさんたちに囲まれて、若さを吸い取られる感じがする方は向いてないと言えるでしょう。笑

20代はまだ自分がおばさんという自覚はなかった・・・うん。

若さは武器にもなりますが、人の目が気になる多感な時期です。

20代後半、アラサーに突入してくると、いろいろどうでもよくなって

おばちゃんと思っていた方々が強く生きる大先輩に輝いて見えるときがやってきます。笑

そのときがカーブスにチャレンジするタイミングです!(?)

ハードなトレーニングを希望する人

カーブスの30分限定が物足りない!という方には向いていないかもしれません。

カーブスは運動を習慣づけたい方
初心者の方にオススメです。

ですが、そんな中でも掛け持ちで他のジムに通われている方や、ダンスを習っている方も通われていますよ!

そこには、カーブスの利用料が月6,000円と、他のジムと比べて安いことが背景にあるかもしれません。

カーブスのマシンは油圧式なので、重さは変えられないですが、

動かす範囲を広くしたり、素早く動かすことによって負荷をかけることができます。

ステップボードの足踏みも、👆こんな風にもも上げしたらハードになります!

決められた12個のマシンをまわるサーキットでも、実はその人それぞれでいろんなやり方があります。

腰が痛いからこのマシンはやめておく、
というのもトレーナーさんがサポートしてくださいますので安心して通えますよ!

定期的に無料体験や入会金無料キャンペーンを開催していますので

ぜひお近くのスタジオをチェックしてみてください☆

カーブスのホームページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました