【現役ママが答える】認定こども園と保育園・幼稚園の違いとメリットデメリット

春休みに入りましたね。

ママさん、いかがお過ごしですか?
私はぐったりしております。笑

過労の主婦のイラスト

実は、当ブログを立ち上げてから、
自営業(個人事業主)で保育園の申請を考えており、実際に申請もしていたのですが、

保育園だと4歳になってもまだお昼寝があるということを知り、
それはいかん!

と思い立ち、保育園決定の通知を今から送らんとしているその日の朝に
『申請、取り下げたいんですが・・・』

と、役所にとても失礼なことをした元市役所職員がここにいます(本当にごめんなさい)。

それもこれも、幼稚園・保育園の違い
はたまたこども園の1号、2号、3号、新2号!?
といった制度を知らなかったがゆえに招いた事態。

今日は、そんな事態が今後起こらないためにも、
私の知る範囲で、それぞれの違いをまとめたいと思います。

スポンサーリンク

認定こども園とは

簡単に言うと、幼稚園と保育園が合体した施設になります。

幼稚園は親が働いていない場合。
保育園は親が働いている、共働きで子どもを見る人がいない場合。

そんな違いがあるのはご存知かと思います。

幼稚園=教育、文部科学省
保育園=保育、厚生労働省

もともとそのように区分けされていたところを一緒にし、
メリットデメリットを共有しよう、というコンセプトの元に成り立っています。

■

認定こども園ができる前は「幼稚園」「保育園」と分かれていたところから
急に合体!新しい施設を建てまーす!

というのも難しいので、
実際には幼稚園型の認定こども園が一番多いんです。

幼稚園型とは、幼稚園に保育園の機能を付け足した形の認定こども園、ということです。

その次に多いのが、幼保連携型の認定こども園。
初めから幼稚園と保育園を合体させるコンセプトで作られている認定こども園です。

認定こども園のメリット

これを考えるには、幼稚園のデメリットを考えることにもなりますね。

一番よく言われてきたのが、「親が働きたくても働けない」保育時間の短さでしょうか。

認定こども園の場合、元々幼稚園児と保育園児がごちゃ混ぜになっているので
いろんな児童・働いている親、そうでない親が共存しています。

つまり、親が仕事をしていても、していなくても、保育時間は変わりますが、同じ園に通い続けることができます。

以前までは、親が仕事を始めたり、辞めたタイミングで
幼稚園や保育園に転園しなければならなかった子どもの負担を軽減することができるんです!

この幼稚園・保育園の区分けを、認定こども園の中では1号・2号と呼んでいます。
(また詳しくは次の記事で説明します)

認定こども園のデメリット

ママカーストのイラスト

元々幼稚園だったところが多いので、
運動会などの行事のあとは平日に振替休日があったり、

係や委員、役員などの分配をどうするか、頭を悩ませることもあるようです。

そもそも、先生たちも
保育士(短大や専門学校卒が多い)
幼稚園教諭(大学卒が多い)

が共存している訳ですから、うまくやる必要がでてきます。

「あの人(子)は幼稚園(保育園)だから、やっぱりなんか違う」

そんな価値観を持たず、垣根を越える関係性を築く必要があると言えます。

共学、男子校・女子校と似ているかもしれません!
どちらもメリットデメリットがあります♪
自己肯定感が高まる!?「男女別学」男子校・女子校のメリット
社会の縮図「共学」のメリット~男女併学・LGBTの学校はこれから増える!?

コメント

タイトルとURLをコピーしました