電力自由化・新電力って?電気が供給される仕組み!止まる心配・解約する必要もなし

1年で一番電気代の高い季節がやってきました。
そしてつい先日、日本全国で電力需給がひっ迫しているとのニュースがありました。

今年は寒い冬な気がしますね。

その上コロナもあって自宅にこもり、仕事も在宅勤務。

そんな背景もあるのでしょう。

ということは・・・電気代、去年よりも上がるのでは?

みなさんは、どこの電力会社と契約されていますか?

『電気って公共のものだから、どこに住んでいようが、みんな電気代はおなじもの。』

その思考、危険です!!

電気代、私と一緒に見直してみませんか?

「電力自由化」のイラスト文字

【 目次 】
1.電力自由化・新電力とは
2.電気が供給される仕組み
3.我が家の電気使用量で比較!
4.各新電力のデメリット・注意点
5.ガス・水道の自由化は?
6.まとめ

スポンサーリンク

電力自由化・新電力とは

2016年4月に「技術の発達」と「電力需要の増加」により可能になった電力自由化。
2021年4月で丸5年になります。

いわゆる電力の民営化です。
(民営化って聞いたら郵便局を思い出すのは私の世代だけでしょうか?)

それまでは東京電力、関西電力etc…といった自分が住んでいる地域の「大手電力会社」が独占していましたが
さまざまな業種の企業が、地域の枠を超えて電力の販売に参入できるようになったんです。

電力の自由化以降に参入した電気を販売する企業のことを”新電力”と呼びますが、
実態がよく分からず、「大手電力会社」のままの方も多いのでは。

『昔からある大手電力会社と比べて新しいからなんとなく不安。』

このなんとなくって何なんでしょうか?

知らない=不安。
これを解消しましょう!

電気が供給される仕組み

工事をしている電気工事士のイラスト

すべての電気は「送配電網(電力ネットワーク)」を入り混じって流れるようになっています。

ですから、品質が違うことはまずありませんし、修理や故障対応も送電会社(というのがあるんです!)が担当しているので、速さが違うということもありません。

この「送配電網」は先ほど述べた地域の「大手電力会社(一般送配電事業者と呼びます)」が所有しており、新電力会社は手数料を払って「送配電網」を利用しているのです。
(正確には、大手電力会社にあった「送配電部門」を2020年4月から別会社として「一般送配電事業者」となっています)

新電力会社が新たに自前で電線や電柱を設置することは現実的ではないからですね。
キャリア回線を借りている格安スマホと似ている構図です!

「一般送配電事業者」には最終保障供給が義務付けられているので、万が一、新電力会社が倒産したとしても、それにより電気の供給が停止することはありません。

切り替え手続きも簡単です。

  • 現在契約している電力会社名、お客様番号
  • 供給地点特定番号、事業者コード(大手電力会社の検針票に記載がある)
  • 電力会社切り替え希望日

以上を切り替え先の電力会社に伝えるだけです。
ケータイ乗り換えより簡単!

契約の切り替え日に電気が止まるということはありませんし
いつ切り替えが行われたかお知らせがくるだけで、解約の手続きも必要ありません!
※アナログ式の古い電力メーターの場合、新しいタイプのスマートメーターに切り替える必要がありますが、それも大手電力会社が担当となっており、作業代も無料ですし、立ち会う必要もありません。

ガスメーターのイラスト

なので、私たち消費者は単純に電気代で選んでも問題はない、と言っても過言ではないのです。

続きはこちら
最適な電力会社はどこ?我が家の電気使用量で電気料金を比較してみた

コメント

タイトルとURLをコピーしました