①公務員の退職金大公開!未加入の雇用保険(失業保険)に入っていたら?

12月3日。今日はなんの日?

香川県が愛媛県から独立した日らしいです。

香川県のキャラクター

それはさておき。
みなさん、雇用保険(失業保険)って知っていますか?

保険っていうぐらいだから、、保険料を支払い続けて、なにかあったときにお金がもらえる
‥‥
正解です💡!!

「失業保険」というぐらいだから、なにかあったとき、とは、職業を失ったとき。
働いていたかったのに、しぶしぶ辞めさせられたとき。
「辞めたい」と、個人的な希望で辞めたとき。

似ているようで全く意味合いが違ってきますよね。

解雇・リストラのイラスト

前者は、倒産やリストラ、いわゆる会社都合
後者は自己都合

もちろん、お金がもらえる条件も異なります。

会社都合の場合は、過去1年間で雇用保険に6ヶ月以上加入していれば、
90日~270日分もらえます。

自己都合の場合は、過去2年間で12ヶ月以上加入していれば、
90日~120日分もらえます。

ここでいう日数は、勤務年数や年齢などで異なるんです。
(分かりやすくまとめるために、ざっくり、おおざっぱに書きます。詳しく知りたい方は、調べてくださいね。)

金額は、過去半年間にもらった給料で決まるんですよ。

「え、働いていないのに、給料丸々もらえるの・・・?」って思いましたよね。笑

実際には、50~80%という給付率が存在します。(残念!)
でも、思っていたよりもらえてびっくりじゃないですか?

毎月支払っていた掛け金「雇用保険料」
これは、健康保険料や年金保険料と違って、数百円~数千円ほどです。
そんな掛け金で、最低でも給料の半額を約3か月ももらえるんですよ。

あれ、自分って雇用保険に加入してるのかなぁ‥‥と思ったそこのあなた。
給料明細書を見てください!
『雇用保険料』がひかれていませんか??

これが、公務員にはないんですよね~😓

雇用保険の加入条件は
『31日以上の雇用見込みがあり、週20時間以上働いている』なのに・・・。

代わりに退職手当(退職金)がある、とのことでしたが、
これって多いんだか少ないんだか・・・実際にみてみましょう。

続きはこちら
②公務員の退職金大公開!未加入の雇用保険(失業保険)に入っていたら?

コメント

タイトルとURLをコピーしました