【英語が得意な私が経済学部を選んだ理由】将来の夢がなくて大学の学部が決まらない

小さい頃からなにかと聞かれてきた「将来の夢」
みなさんはいつもすんなり答えることができましたか?

私はいつもはっきりと答えることができませんでした。

「ない」と答えると
「子どもなのに夢がないな~つまらないな~」
と言われるオチなのは分かっていたので

とりあえず女の子の答えの正解っぽい
お花屋さん。ケーキ屋さん。お嫁さん。にしとくか・・・
という現実主義な子どもでした。う~ん、可愛くない!

高校の卒業文集では
「好きな人と一緒に過ごせていたらいいな」と書きました。

お嫁さん(結婚)が全てではないことに気付いたお年頃だったからですね。笑

結婚後に豹変した夫のイラスト

しかし、高校にもなると進学校に進むのか、理系にするのか、文系にするのか。

卒業後はどこの大学のどの学部を選択するか。
人生の岐路に立たされます。

①指定校推薦入試(学校推薦型選抜)に落ちた!予備校浪人生活の実態とは
でお話しましたが、私は勉強が好きな真面目な生徒でしたので(自分で言う)

どの教科も面白いよな~
点数が取れない苦手な科目はあるけれど、どの教科も嫌いじゃない。

得意なのは・・・英語。
そして国際学部の推薦入試を受けることができました。

しかし、その推薦入試も落選したワケです。

そして浪人生活を経て夜間大学→公務員試験→社会人学生(勤勉学生)の道へと進んだのですが・・・。

夜間大学も公務員も、家計の事情があったからです。

果たしてそれがなかったら、どの大学のどの学部でどんな職に就いていたのだろう、
これは未だに思います。

大学のイラスト

夜間大学には、法学部と経済学部がありました。

③【夜間大学卒業生が語る】社会人学生・勤労学生の実態とは
でお話したとおり、夜間大学には社会人も大勢通います。

いったん社会にでた人が、「また学びたい!」
と学校へ帰ってきて学ぶ学問が法律と経済学。

逆に考えると、社会人に求められている必要な知識は法律と経済学なんだ!と思いました。

そして、公務員は法律に決められたことに沿って行動します。

実際、市役所に勤めていたときには条例改正を担当することがありました。
これ日本語?という難解な文章に苦戦し、もっと法律のこと勉強しておけばよかったな・・
と思うことはありました。

しかし、当時の私は得意の英語の道が一度閉ざされ。
自分の可能性をもっと広げたい!という思いがありました。

そこで、法律よりは経済学のほうがとっかかりにくい(自分からは興味をもちにくい)
法律のことは働いてから嫌でも学ぶだろう。と判断し

経済学部を選択しました。

まぁこれが結構苦労することになったんですけどね・・・( ;∀;)

続きはこちら
②そもそも大学って行く意味あるの?将来の夢は探すのではなく決めること

コメント

タイトルとURLをコピーしました