【玉名】廻船問屋「久吉丸」が古民家北欧カフェ&常設マルシェに生まれ変わった!

こんにちは!

いがぐり🌰くるみです。

今日ご紹介するのは、玉名市大浜町にあります「久吉丸」さんです。

玉名は玉名でも結構田舎(失礼)な大浜町に、カフェができたとな!?

地元の方に聞いてやってきました!

海沿いの国道501号線から、菊池川沿いの大浜小天線を通り、「にしむら歯科医院」さんのところを曲がる!

と言ったら伝わるでしょうか。

大浜小学校の近くになります。

WA~O!!!

これ、リアルに一人で呟きました。恥

写真の左側が駐車場になります。

ソフトオープニング中にも関わらず、満車

しかも、平日です。

既にいろんなメディアさんに取り上げられている効果でしょうか。

日本庭園を感じさせるような雰囲気に・・・

ハンモック、ありました。

和洋折衷な感じがステキ。

中へ入ってみましょう。

わ~お!!!( ゚Д゚)

2度目は日本人がでてきました。

北欧ヴィンテージ食器
英国アンティーク家具も取り扱われているんです!

ステキですね~・・・

ってステキって言葉しかでてきません。

Wonderful!!
Splendid!!
Marvelous!!!

・・・と言うと、叶姉妹が出てきてしまうのは私だけでしょうか。

こちらは、細密画。

手書きとは思えない繊細な芸術作品です。

他にも古紙か押し花?をちぎって作られた絵画もあったり、
ドライフラワー作品
天然石アクセサリー
手作り子供服などなど・・・・

常設マルシェとなっています。

この日は梅雨の合間の曇りですが、
それもまた風情があっていい雰囲気醸し出しています。

畳のお席は、高齢者の方も落ち着く雰囲気。

テーブルイス席もあります。

スポンサーリンク

古民家×北欧カフェ 久吉丸のメニュー

入口に貼られている注意書きです。

お席に着く前に、注文と支払いを済ませてください。

ご夫婦二人で営まれているので、セルフサービスにご協力をお願いします。

5月7日~6月6日のソフトオープニング中の食事は、カオマンガイのみでしたが

現在はバインミー、フォー、かき氷も始まるそうです。

食品ロスを減らすため、事前予約制にご協力を。

コーヒーも美味しそうです!

自家製無農薬の黒糖あんずソーダも気になります。

お料理ができたら呼ばれますので、取りにいきましょう。

食べ終わった後も返しに行きましょう。

今回は、カオマンガイ1,000円(税込)をいただきました。

日本でも専門店ができるほど、人気沸騰中のタイ料理「カオマンガイ」。

鶏肉とライスを組み合わせたものは、シンガポールチキンライス「海南鶏飯(ハイナンチーハン)」とも呼ばれます。

玉名では、いや、熊本県北・福岡南部でいただけるのはココだけだったりして!?

他、ご存知の方がいたら教えてください!

鶏出汁で炊いたご飯には、ひっそりとパクチーが下ごしらえで使われています。

美味しさのポイントはこのタレ!

今回は、オススメのタイ式辛味噌ダレにしました!

和風味噌ダレもありますよ(^^♪

このタレが美味しい!

鶏肉につけて、お野菜にもつけて・・・残さずいただきます。

そんなカオマンガイをマイルドに包んでくれるコンソメスープには、きのこ、トマト、蓮根が入っていました。

お口直しに、デザートでマンゴーフロート400円もいただきました。

フロートって、アイスのようなスムージーを想像していたのですが、まさかのケーキでした\(◎o◎)/!

マンゴーフロートはフィリピン本場のローカルスイーツ。
カオマンガイと相性抜群です!

マンゴーの南国感と、生クリームがアイスになったようなケーキ。
セミフレッドと似ている感じな気がします。

上に乗ったビスケット・クランブルも食感のアクセントになってバランスがとてもいいです。

そしてもうすぐ始まるかき氷がコチラ!!

レモンのかき氷なのですが、レモン汁をかけると
青⇒紫に変化する変幻かき氷なんです!!

いや~、これたまりませんね。。

玉名の大西茶舗さんの抹茶を使用した和なかき氷に

天水・横島いちごのかき氷もあります。

このかき氷は、「氷蜜(ひみつ)」さんによる週末限定・時間限定の提供だそうです。

久吉丸さんではハンドメイド・マルシェの他にも、シェアキッチンを受け入れていらっしゃるんです。

「皆で作る皆の場所。」という理念
シェアキッチン第1号のかき氷専門店
「氷蜜(ひみつ)」さん

ネーミングも素晴らしく、ステキな場所となっていますので、みなさんぜひ足を運んでみてくださいね。

古民家×北欧カフェ 久吉丸の情報

玉名の田舎で廻船問屋を古民家にリノベーションしてアジア料理を提供する店主って一体何者!?

と謎は深まるばかりですが、

先日掲載の「熊本日日新聞」によると、
埼玉県出身で、フィリピン・セブ島でダイニングショップやホテルを20年近く経営してこられたそうなのですが、

新型コロナウィルスの感染拡大で観光客が激減したことから、日本へ拠点を移すべくインターネットで物件を探していたところ、

売りに出された廻船問屋「久吉丸」が目にとまったらしいです・・・!

地元の魅力を再発見してくださった店主に感謝!

長く住んでいると、当たり前になってしまって、外から見た時に魅力的に見えるものでも見失いがちになります。

私も熊本が地元ではないですが、こうしていろんなお店を紹介していると
「地元なのに知らなかった!ありがとう!」

と言われることが多くて嬉しいです。

地域貢献は、どこにいても、誰にでもいつでもできるんだなぁって思います。

コロナ禍の閉塞感を打開するためにも、くまもと再発見の旅(個人バーション)してみませんか(^^)/?

営業時間11:30-17:00(ソフトオープニング中)
店休日月曜日・火曜日
インスタグラムhttps://www.instagram.com/hisayoshi_maru/

食品ロスをできるだけ減らしたいので、お食事はできるだけ事前予約をお願いします。
070-3283-2012

ショートメールまたはインスタDMからお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました