源泉徴収・年末調整・確定申告の関係とは~税金が安くなる控除の仕組み

源泉徴収票をもらった!今さらだけど年末調整・源泉徴収・確定申告はどう違うの?
前回の続きです。

スポンサーリンク

源泉徴収→年末調整→確定申告

「源泉徴収」と「年末調整」は、会社勤めの方のやり方と書きました。

毎月の給料・残業代などから1年間の所得・所得税を予測計算し、
毎月の給料などから所得税(仮)が引かれているんです。これが、源泉徴収。

自営業の方などと違って、毎月の給料が固定給として決まっているからできることですね。

毎月の給料・残業代などに決められた計算式、料率をかけて徴収されます。
(深堀補足:ちなみに残業代は前月分に対するもの。翌月、遅れて支払われていることが多いです。固定給の月給は当月支払い。)

年の最後、12月に支払われる給料・残業代などが確定し、
多くの従業員が関係する配偶者控除や保険料控除まで考慮し
(←これが先ほど庶務・人事の方に提出してと言われた書類)
より確実な所得税額を計算・調整徴収してくれているんです。

これが年末調整です。

控除とは、退職金って税金かかるの?そもそも控除、課税ってなに?でお話したとおり
「税金が安くなるためにひかれるもの、いいやつ!」でしたね。

先ほど人事・庶務の方から言われた『これ』とは

国税庁 令和2年分 年末調整のしかた

https://www.nta.go.jp/publication/pamph/gensen/nencho2020/01.htm

『令和2年分 給与所得者の扶養控除等(異動)』
『令和2年分 給与所得者の保険料控除申告書 兼 給与所得者の配偶者特別控除申告書』
『令和2年分 給与所得者の(特定増改築等)住宅借入金等特別控除申告書兼(特定増改築等)住宅借入金等特別控除計算明細書』

↑ こんな感じの漢字が並んでいませんでしたか???(笑)

この用紙に書いたことは税金が安くなる控除のことです。

所得がない、あるいは一定以下の低所得配偶者、扶養親族(子、親など)がいる場合
1月~12月に支払った生命保険料・地震保険料・個人年金保険料がある場合
住宅ローン等を使って住宅を新築や購入又は増改築等をした場合

これらは税金が安くなるように優遇措置があるんです。

しかし、個々人で違うことですし、会社・国も把握できません。

なので、個人で申告してもらう必要がある・・・
この用紙がサラリーマンの確定申告を担っているといっても過言ではないかもしれません。

この用紙を書かなかった場合は、
『低所得扶養者がいない』
『かけている保険料はない。』
ということになります。
まだ自立していない学生アルバイトの方に多いと思います。

既に会社が把握している一従業員の1月~12月の給料・残業代
そこから天引きされている健康保険料、年金保険料、介護保険料(これらは社会保険料と言ってこれも優遇措置があります)

これら全ての控除を踏まえて、このように所得税を徴収しましたよ
という証明が、源泉徴収票です。

本来、一人一人本人がするべき確定申告。
多くの会社員は忙しい&税務署も確定申告人員や手間を削減するために 
” 会社がやってくれている ” というイメージです。

では、実際に源泉徴収票を見てみましょう!

続きはこちら
源泉徴収票の見方を分かりやすく解説!税金の仕組みが見えてくる

コメント

タイトルとURLをコピーしました