2021年3月~大手キャリアのオンライン限定プランの特徴(メリット)

「MNO」と「MVNO」って?キャリア、格安SIM、サブブランドとは
前回の続きです。

【 目次 】
1.そもそもキャリア、格安SIM、サブブランドとは?
2.2021年3月~大手キャリアのオンライン限定プラン
 ・特徴(メリット)
 ・注意点(デメリット)
3.まとめ
スポンサーリンク

2.2021年3月~大手キャリアのオンライン限定プラン

 特徴(メリット)

ドコモ
ahamo
au
povo
ソフトバンク
softbank on LINE
月額
(家族割など割引サービス
関係なしにずっと)
2,980円2,480円2,980円
データ容量20G20G
200円で24時間データ使い放題
20G
LINEはデータ使い放題
5G対応2021年夏~対応対応
通話料5分以内の通話無料
(5分以上の通話は
30秒で20円)
国内通話30秒で20円
(つまり5分で200円)
5分以内の通話無料
(5分以上の通話は
30秒で20円)
通話オプション月1,000円で
24時間かけ放題
月1,000円で
24時間かけ放題
月500円で
5分以内かけ放題
月1,000円で
24時間かけ放題
全てキャリアメール非対応
20GBを超えた場合の通信速度は1Mbps。
従来の128kbpsの8倍で、ある程度はなんとかなる速度。

ドコモ「ahamo」

海外82か国において、追加料金なしでデータ通信が可能なので、海外によくいく方はおすすめ。

au「povo」

基本料金に5分以内の通話無料サービスが入っていないので、月額料金が500円安い。
LINEやテレワークソフト、フリーダイヤルでしか通話しない人は特におすすめ。

200円で追加できる24時間データ使い放題は、デザリング(スマホをポケットWi-Fiとして使える)も使い放題。
土日に動画を一気見したい場合や、オンライン授業のあるときだけトッピングすることで、月額大容量プランを契約するより節約できる可能性が。
500円で1GB追加するよりもお得?
私は帰省移動のときに追加したいな、と思いました!

ソフトバンク「softbank on LINE」

提供がLINEモバイルなので、LINEのトーク・通話についてはデータノーカウント。
しかし、もちろん回線はソフトバンク品質なので最速。
申し込みもLINEからできる。

スマホとワイヤレスイヤホンを繋ぐ人のイラスト(男性)

これまでの大手キャリアのプランだと
1~3GBで月2,980円ほどかかっていたのが、ほぼ同額で20GBに増えるわけですから・・・
とっても魅力的なプランですよね!
現行プランはどう見直すんでしょうかね?

20GBも使わないし~

と思う方もいると思いますが、
今まで”あまり使わないように”と節約するストレスから解放されることを考えると
+αのメリットがあるように思います!

続きはこちら
大手キャリアの格安新プランの注意点(デメリット)!下取りプログラムはどうなる

コメント

タイトルとURLをコピーしました