ポケット在宅家庭用吸入器(ネブライザー)を1日100円で借りてきた

子どもが”おくすり飲めたね”でも飲んでくれない!薬を飲まない子の工夫
どうしても内服薬を飲んでくれないわが子に、在宅用吸入器(ネブライザー)をレンタルしてきました!

手に持っているカップ部分に、薬を入れ、気化した煙を吸わせる療法です。

この薬液、気化するのを前提にしているので、とっても濃いと予想されます・・・!
(直接飲んだら大変なことになりそうです)

気管支を広げて呼吸を楽にし、気管支の炎症を鎮めてくれるもの。
喘息の治療に使われます。

就寝前に1回。
夜間ゼイゼイがひどかったり呼吸が苦しそうなときは4時間以上間隔を開けて追加してもよいそうです。

モクモクこわい!!

とこれまた拒否反応がひどかったわが子ですが
なんとかやってくれました(ホッ・・・)

最初はどうしてもやってくれなかったので
寝付いた後にこっそりあててみたのですが

超音波式ではなく、ジェット式のため、音がすごくうるさかったです・・・。

『座布団敷いて、本体の上から布団被せてればほぼ無音だから!』
と先生言っていたけど、いや、あれ、相当な騒音でしたよ・・・?

そして、気付いて起きたときには嘔吐しました( ;∀;)
敏感すぎるわが子・・・

吸入後はうがいが必要です。

吸入器は水道水で洗って自然乾燥。(消毒・洗剤・乾燥機はNG)

レンタル1日100円です。(破損した場合は別途料金がかかる)

診察や薬液は子ども医療費助成制度で無償なのですが
この家庭用吸入器・ネブライザーについては自己負担のようです。

塗り薬のケースに使われる容器も10円負担しますよね。

なお、頻繁に咳き込む場合などは、吸入器を15,000円で購入できるそうです!
家庭用鼻水吸い器もそのぐらいでしたかね。

意外と安い・・・?いや、高い?

うちはまだ様子見といった感じですが、お薬を飲まない子どもに「吸入器」も一つの選択肢として親御さんは頭に入れておくといいかもしれません。

もちろんテープも。

皮膚を通じて薬を吸収する「経皮吸収型・気管支拡張剤」。
この仕組み、すごいですよね~!

シャンプーなどから吸収される経皮毒、私は一理あると思っています。

咳にはテープ・吸入
鼻水は鼻水吸い器
熱は座薬

これでなんとか乗り切るわが子(-_-;)

内服薬も飲んでくれ~!!!

子どもが”おくすり飲めたね”でも飲んでくれない!薬を飲まない子の工夫

コメント

タイトルとURLをコピーしました