106万円と130万円の壁は健康保険の扶養制度に入れなくなるラインという意味

②扶養内で働く・扶養から外れるって?103万円の壁はその他親族・子どもの場合に気を付けよう
前回の続きです。

【 目 次 】
1.扶養の意味
2.103万円の壁
3.106万円の壁☚今回はココ
  130万円の壁☚今回はココ
4.まとめ

106万円の壁

被扶養者(妻や子など)本人が、パートなど勤め先の会社の健康保険へ加入する可能性が発生するラインです。

保険証のイラスト

可能性が発生する、というのも
勤め先がどんなところか、どんな形態で働いているかによるんです。

正社員が501人以上の会社
収入が月88,000円以上
雇用期間が1年以上
所定労働時間が週20時間以上
学生ではない

これらを満たす場合
被扶養者ではなく本人として、勤め先の会社の健康保険へ加入した場合の負担については、
👇の130万円の壁と同様です。

130万円の壁

多くの健康保険組合が定めている、社会保険の扶養から外れるラインです。

健康保険(社会保険)の扶養が外れると、
配偶者の場合は年金もセットで外れることになります。(国民年金3号→1号)

国民健康保険・国民年金1号へ加入するとなると、
年間で36万円ほど負担することになるんです!月3万円

この負担はデカイですよね・・・
その分、将来もらえる年金額が増えるとかいいますが・・・健康保険はそんなことありません。

貧乏な家族のイラスト

子の場合は、既に国民年金1号に加入し、
年間20万円ほど支払っている(それか学生免除などになっている)ので
国民健康保険料分(年間16万円ほど)のみ負担が増えることになります。
もっと正確に言いますと、国民健康保険料は住民税同様、前年の所得を基に計算されますので、前年の所得がない場合はもっと安いです。(逆もしかり。)

また、夫が既に国民健康保険へ加入している(社会保険がない)場合は、
国民健康保険には扶養制度がありませんので
妻や子は既に国民健康保険・国民年金1号へ加入しているということなので、健康保険が社会保険になるだけです。
保険料の違いについては、比較が難しいです。また、社会保険料は給料天引きなのでこれまた把握しにくいでしょう。

お父さんの両腕にぶら下がった子供達のイラスト(父の日)

さて、ここまで書いてきたことは、被扶養者、103万円を超えて働いてしまった本人の話です。

扶養者(夫や父)は変わることはありません。

元々、被扶養者の健康保険料や年金保険料を支払っていたワケではありませんので、
給料から引かれていた健康保険料・年金保険料の金額に変更もありません。

手続きも「被扶養者の保険証を返す」程度で済むと思います。
ただ、また扶養に入るとなると、書類を書いたりする手間が生じるので、その年によって基準ラインを超えたり超えなかったり、
不安定な収入状況は辞めてほしい”という思いはよく生じることでしょう。。。

続きはこちら
④手取りを減らしたくないなら180万円以上の収入が目安になる

コメント

タイトルとURLをコピーしました