マイナンバーカードが保険証として使えるとどうなるのか?元公務員の視点から考える

2.健康保険組合(社会保険)・全国健康保険協会(協会けんぽ)と国民健康保険(国保)について
前回の続きです。

【 目次 】
1.被用者保険=社会保険+労働保険
2.健康保険組合(社会保険)と国民健康保険(国保)
 (1)健康保険組合(社会保険)
 (2)国民健康保険(国保)
3.マイナンバーカードが保険証として使えるとどうなるのか?☚今回はココ
スポンサーリンク

3.マイナンバーカードが保険証として使えるとどうなるのか?

この患者さんは会社の健康保険に入っている。国民健康保険に入っている。
そういう情報が医療機関に導入された機械により判別できるので、保険証がなくても受診できるそうです。

マイナンバーの個人番号カードのイラスト

マイナンバーカードは住民基本台帳(住民票)を基に発行されています。

なので、発行の際には、住民票の住所に住んでいるのか?
郵送で送ることで確認されるはずです。

車の免許証をお持ちでない方が、身分証として住民基本台帳カード(通称:住基カード)を発行されているのを聞いたことはないですか?

マイナンバーカードは住基カードの後釜、後身なんです。(現在、住基カードは発行されていません)

だから、車の免許証や会社の健康保険証をお持ちの方は発行していない方が大半だと思います。
そこで、みんなに発行してもらうためにマイナポイントの導入・・・などで試行錯誤している現状だと思います。

そして、国民健康保険の加入も、住民票を基に義務付けられています。
なので、担当はお住まいの市区町村なんです。

国民健康保険に加入している場合は、マイナンバーカードも担当が市区町村が担当しているから把握できるとして・・・

では、会社の健康保険に入っているかどうかはどうやって確認するのでしょうか?

実は、健康保険とセットになっている年金1号・2号・3号の区分け。
これを利用して、基礎年金番号とマイナンバーを紐づけることで、判断するそうなんです。

え・・・また個人情報の流出じゃん、、怖い!!

って思う方、いらっしゃいますか?

しかしこれ、実務に携わっている者からしたら、
ようやく・・・あの非効率膨大作業からやっと解放されるのか・・・!
と思える出来事なんですよ。

病院の待合室のイラスト

病院を受診する際、みなさんは必ず保険証を提示していますか?

ほとんどの方が滅多に保険証が変わることがないので、
医療機関側の事務手続きを省くために、月に1回は保険証を確認するようになっていますが、
これが仇となって裏では大変なことになっているんです。

月末退職、月初め就職ならまだいいのですが、月の途中で仕事(保険証)が変わる方もいます。

また、就職してすぐには保険証はできないので、
その間は「保険証忘れたのかな?」と医療機関が判断し、
以前の会社の健康保険組合に、請求書を送ってしまうことがよくあるんです。

なので、保険証がまだできていないんだけれど、会社が変わりました、というのは絶対に伝えてください。

健康保険制度は、1万円の医療行為を、保険証を提示することで3割負担の3,000円で医療費が済む、という仕組みです。
正確には1割・2割負担もあります。

では残りの7割(8割・9割)は・・・?

先ほど前ページで述べた、保険証に書いてある保険者(ほけんじゃ)。
「保険者番号」
個人を特定する「記号・番号」
この情報を基に、医療機関は残り7割の請求書(診療報酬明細書・レセプト)を作成するんです。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: hyoujou_doctor_phone_man_worry.png

しかし、受け取った側(保険者)は加入資格がない方についてはもちろん支払えないんです。
結果、請求書(診療報酬明細書・レセプト)はさまようことになり・・・

後日、受診した患者本人の元へ、結果として10割負担で支払ってください、という請求書を送ることがよくあるんです。
(めちゃくちゃ苦情の多い仕事なので、本当にイヤでした)

それを避けるためにも、保険者(健康保険組合・市町村役場)は
全国多数ある各医療機関へ1件1件電話をし、
正しい請求先へ作り変えてくれないか、交渉をしているんです。

担当者は喉を壊すので、のどぬ~るがお友達。

令和の時代になってもこんな非効率で膨大な作業があっていいものか。
当時、平成の時代でしたが(笑)すごく思っていた私にとっては、明るいニュースでした。

みなさんは、いかが思われましたか?

マイナンバーが導入され、個人情報が紐づけられることによって、
私たち・行政側にも大きなメリットがあるんだと分かっていただけたら幸いです。

それこそが人件費削減・税金の削減になるんです。

市役所の中でも、課が違うと個人情報を共有できないので、
連絡の取れない滞納者が納付しに来たのに、
『住民税は納付されたのに、固定資産税は納付されてない!』

生活保護の申請に、通帳を持ってきてもらうのに『意図的に隠された口座があった!』

なんて、絶対に避けるべき事情を防ぐためにマイナンバー制度は導入されたと私は思っていますので、暖かく見守っていただけたらなと思います。(という私は現在ただの一国民、主婦ですがw)

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました