専業主婦で転勤族の嫁がSNSで友達作り!非公開アカウントから個人情報を考える

自己紹介・豆知識

こんばんは。

今年はインフルエンザ患者が劇的に少ないようですが
みなさん、いかがお過ごしですか?

マスクと消毒の効果でしょうか。

不織布マスクが売り切れ、夏という季節柄もあって布マスクが普及しましたが
そもそも布マスクは効果がない!と言われていますね。

布マスクをつけた人のイラスト(女性)

先日、かかりつけ小児科のホームページ(病名ごとの患者数を公表しているんです)
確認したところ、、

<一週間の患者数>
RSウイルス 5名
感染性胃腸炎 1名
インフルエンザ 0名

となっていました・・・!

毎年確認しているのですが、この時期にこんな数値ってありえないです・・・!

RSウイルスは2歳までの子はほぼ100%かかる、大人でいうと一般的な風邪なのですが
マスクができない小さな子どもでさえ、こんなに少数です。

ということは、、
毎年、大人が先にかかって、ウイルスをばらまいていたのかな・・・
って思ってしまいます(-_-;)

もちろん、なるべく外へでないように心がけていることも、大きな要因になっていると思います。

新型コロナウイルスの感染が確認されてから約1年

生活が大きく変わった方が大半だと思いますが
ずーっと引きこもっていると気が滅入る、
誰かと話すことってとっても大事
なんだなぁ、と気がつきませんでしたか?

これって、仕事を通して社会とのコミュニティを持っていない専業主婦にも言えることなんです。

私はコロナ禍の前から感じていましたので、自粛生活になったからといって、特段変わったことはなかったりするんですw
以前、専業主婦は自己肯定感が高くないとできないと書きました。

さらに、育児中は悩むことも多いですから、
誰かに聞いてもらうこと、共感してもらうことってとっても大事なことなんです。

そこで、手軽なのがSNSの利用ですが
私は今まで「個人情報の流出」が怖くて
知り合い限定の非公開アカウントで、閉ざされた交流内で愚痴などを漏らしていました。

SNS疲れのイラスト

しかし、面と向かって触れ合う時よりも
心の中で思っていることを直結に表現してしまうSNSでは

受け取った側が
『え、こんな人だったんだ・・・』
とマイナスな印象を抱くこと、ありませんか?

私もきっとそんな風にみられているんだろうなぁ・・・
親しかった人にどんどん距離を取られていく・・・

そんな不安と寂しさを感じるようになってからは、
思い切って公開アカウントに変更し、
全く知らない方との交流を始めてみようと思い立ちました。

同じ学校の出身でもない。
同い年でもない。
住んでいる地域も違う。

そんなSNSの中でどのように交流を求めるか。

人って、なにかしら自分との共通点がないと親しくなれないんじゃないか、と気付きました。

共通点を持ってまずは”してあげる”

友達を励ましているイラスト(女性)

そこで私は、「子育て」と「料理」について投稿することにしました。

もちろん、それにまつわる悩みを聞いてほしい、共感してほしい。
そういう思いもあってのことです。

そして、「してほしい」ときは、自分から率先してまずは相手に「してあげる」。
これって、人間関係を構築するときの基本ですよね。

『会ったこともないのに、なんだこの人?』
『馴れ馴れしいなぁ・・・』

そのように思われているかもしれない不安は一旦無視して(笑)、
知らない人だからこそ、直接言われることもありません。

積極的に自分からいいね!をしてみたり、
フォローしてみたり、コメントしてみたり。

スルーされたりブロックされたりしてもめげずに。
気にしない!気にしない!と言い聞かせて。笑

元々、交流を求めてSNSをされている方が全員じゃないですからね。
自分の日記がてら、メモ帳がてら投稿する方もたくさんいらっしゃいます。
じゃあなぜ公開アカウントにしているんだ・・・?とも思いますが、そこは私と気が合わないんだろう。仕方ない。と思うしかありません。笑

すると、気付けば親しい友達がたくさんいる状態になっている自分がいました!

友達のイラスト「肩を組む女性たち」

学生の頃に憧れていた状態です。笑

今、大人になって思い返してみれば、
同じ学校というだけで、1クラス30人だかの人数の限られた世界の中で
なんでも気の合う友達を見つける方が難しい
、って思いませんか?

もし、自分の子どもがそのようなことで悩んでいたとしたら
「気にするな!地球の人口は何人だと思っているんだ!」
(男だけで)35億!!!(ブルゾンちえみ)
と伝えたいです。

共通の話題が一つでもあると、
相手に興味を持てるようになります。

すると、自分が興味の持てなかったことも、興味をもてるようになったりするものです。
不思議ですね。

私の場合、服やオシャレに興味のなかった家庭で育ったからか
テキトーな身だしなみに、子育ても相まってめんどくさがりも加速しがちの女子力低め。

そんなところに、メイクのプロと出会ってオンラインメイク相談にのってもらったりしましたよ。

SNSの使い方

先ほど、SNSは個人情報の流出が怖い、と書きましたが
今や行政もLINEに手をだすほどの情報社会です。

そういえば、新型コロナウイルスが流行りだした頃、
症状の有無についてのアンケートもありましたよね。

今朝、新型コロナウイルスのワクチンの副反応調査には、
SNSを使う、とのニュースもありました。

2005年頃から施工された個人情報保護法ですが、
メリットよりもデメリットのほうが大きいとよく言われています。
そんな背景からマイナンバーも導入されたように思います。

個人的には、自分の個人情報をそんなに守ってなにがしたいのか?

一体いつ個人情報を使うのか?
自分の個人情報は何のために持っているのか?

そんな風に感じることもあります。

感じ方は人それぞれですが、昔の取り決めにいつまでもとらわれることなく
時代の流れに臨機応変に対応し、楽しんで生きていく大人でありたいと思います。

今回は、インスタでの繋がりですので、本名や住所、電話番号、顔は公開していません。

そんな中でもいろんな方と触れあうことができるので、
機会を見逃している方がいたらもったいないよ~と伝えたく書いてみました。

私は転勤族なので、今後、繋がった方々の近くに住む可能性があります。

その際にはぜひ、リアルでお会いしたいと思っています。

こんな感じで、日本全国、いや世界中に既に友達を作っておけば
大変だと言われてきた”転勤族の嫁”の負担も少なくなると思います。

面と向かっての出会いからだと、どうしても容姿のイメージが先にきますが
SNSでの繋がりだと、外見はさておき、内面で意気投合できますので

より自分と近い方と出会えるんじゃないかな、と思います。

マッチングアプリがきっかけで結婚!

ぜーんぜん、アリです!!

わが子が大人になったときには、お見合い=マッチングアプリの時代かもしれません。
いや、既にそうなってるかも?

そんなとき、抵抗感のないおばあちゃんでいたいなぁって思います😊

フィーリングカップルのイラスト

転勤の意義

私が市役所に勤めている時、職場の環境を定期的に変えることの大切さを知りました。

公務員は、公平性を保つため癒着を防ぐため、定期的な異動があるんだと考えていましたが、
それは会社員にだって言えることです。

さらに、利益目的の企業であれば、全国展開、
グローバルにビジネスを発展させていくためには、転勤は欠かせないと思います。

もちろん、それを支える家族の存在もとっても大きいです。

同じ場所、同じ人に囲まれて、安定して生活を送るのも一つの幸せだと思いますが
自らが環境の変化に適応できないので、転勤をイヤがってしまう。
そんなことはできるだけ避けたいな、と私は思います。

いつだって、相手の成長を願って後押しできるパートナーでいたいですし、
そんな家庭を築き上げたいと思っています。

「どんな環境の変化でもかかってこい!へっちゃらだ!」
一期一会の出会いに感謝して、一度きりしかないこの人生を楽しみたいと思います♪

みなさんは、いかがですか?
どなたかの参考になれば幸いです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました