憧れの念願の専業主婦!新婚なのに夫だけでは満たされない、自立したい思い

今日は、公務員を退職した後の「専業主婦生活」について書きます。

テレビを見ながらお煎餅を食べている主婦のイラスト

働いているときは、憧れる念願の専業主婦。

私の場合は、誰も知り合いすらいない土地で専業主婦をすることになりました。

そして、給与という評価もない。
配偶者の反応が全てになります

私の夫はその点よくしてくれたのですが、毎日同じことの繰り返しは飽きがきました。

自分ではない誰かが作ってくれた料理が食べたい。
でもそれが私の仕事なのに‥‥?
夫は仕事もしているのに‥‥?

「それでも俺についてきてくれた。」
夫は感謝の言葉を表してくれました。
しかしそれでもモヤモヤが晴れない自分。

夫だけでは満たされない自分がそこにいたんです
新婚なのに。

そこには、自立した人間でありたいという思いがあったかもしれません。

ブラックバイトのイラスト

そこで、パートにでました。

夫以外の人と話すこと、自分の興味範囲外のことに触れるのは新鮮でした。

しかし、正社員の頃と比べると、簡単な作業がメインで
内容にやりがいを感じることができませんでした。

難しい取り組みに対して、ディベートを重ねながらみんなで乗り越えていく・・・
そんなことってパートではなかなかないもの。

だから、人間関係も希薄に感じました。

それはパート先によるかもしれませんが、
私の場合は、自分に興味を持って聞いてくれる人がいませんでした。

なんか方言違うねー?どこから来たのー?
という程度の問いかけはありましたが・・・そこで終わりです。

そして、真面目な性格だからか一生懸命働けば働くほど、家事は疎かになってしまいました。

私は家事全般、好きなほうですし、
優先順位としては、家のことメインにこなしたかったのですが・・・

自分の都合の良い日数、時間で働けるほど、世の中甘くありません。

仕事でも満たされない自分がいました。

続きはこちら
②専業主婦は自己肯定感が高くないとできない。子どもが欲しい!

コメント

タイトルとURLをコピーしました